青汁の賢い選び方をNAVI

健康維持に活用する場合でも美容に活用する場合でも、青汁パワーを実感する為には良質な製品選びが必要不可欠です。

そこでこのページでは、青汁を選ぶ際に覚えておきたいポイントをまとめました!

賢く選ぶことによって満足度がぐっと高まります。
ぜひ、参考にしながら製品を選んでみてください。

確認ポイント:安全性

継続して飲み続けることによってパワーを実感することができるのが青汁。
だからこそ、安全性もしっかりとチェックしておきたいポイントです。
安心して飲み続けることができる製品を選びましょう。

原材料…農薬や化学肥料について確認するようにしましょう。
製造過程…GMP認定などの基準をクリアした工場で製造されている製品を選ぶことができれば理想的。

また、公式サイトなどで産地を確認できるかどうか、という点も安全性を判断するポイントになります。

確認ポイント:原材料

どんな原材料が使用されているのかを確認するのは大切なポイント。
どんな野菜・植物を使用しているかによって含有される栄養素も大きく左右されるので、しっかりとチェックして「自分の目的」に合った青汁を選びましょう。

原材料による特徴の違いは、こちらのページで詳しく説明しているので、ぜひ、チェックしてみてください。

ちなみに、代表的な原材料としては以下のようなものが挙げられます。

明日葉
明日葉は、日本原産の野菜。
八丈島などの暖かい地域に自生しています。
栄養満点で、食物繊維やミネラル、ビタミンなどなど、様々な栄養素を含有しています。
スッキリ成分として注目されているクマリンカルコンなどが含有されているのも魅力の一つです。

大麦若葉
大麦若葉は非常に飲みやすい味わいが特徴。
苦味が少なく、甘味があり、クセのないスッキリとした風味が魅力です。
SOD酵素など、強力な抗酸化作用を持つ成分が豊富に含まれているのもポイント。

ケール
青汁が登場した当初からポピュラーな原材料として使われている野菜。
ブロッコリーやキャベツの仲間ですが、非常に苦味やクセが強いのが特徴です。
栄養価は優秀で緑黄色野菜の王様という別名を持つほどですが、上記した通り、とにかく苦いので、現在ではケール単体使用の製品は少なくなってきています。
明日葉や大麦若葉などの飲みやすい味わいの原材料とブレンドしている商品が多いようです。
ふるさと青汁に使用されている八丈島産の三年根青汁は、ケールよりも栄養価が高いのが特徴です。

確認ポイント:飲みやすさ

無理なく青汁を継続していく為には、飲みやすいかどうかをチェックすることが何より大切。

やはり続けやすいのは、苦味やクセの少ない青汁です。
明日葉や大麦若葉などを原材料に使用している製品を選ぶのがおすすめ!

例えば、ふるさと青汁は栄養成分が豊富で飲みやすい青汁として評価されています。

「苦味やクセは気にならない…」という方でも、続けていくと飽きが出てきてしまうケースがあります。
無理なく続けていけるように、製品を選ぶ段階でしっかりと味わいをチェックしておきましょう。

また、「粉末タイプが面倒…」「どうしても好きになれない…」
という方には、ゼリータイプがおすすめ。

水なしでも手軽で簡単に飲めるうえに、味もスイーツのようで美味しいのが特徴です。
おすすめのゼリータイプ製品としては、黒糖抹茶青汁寒天ジュレが挙げられます。

RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る