[Q&A]知っておきたい青汁情報

青汁についてしっかりと知ることは、良い製品を選んだり上手に活用する為に必要不可欠です。
そこで、このページでは知っておきたい豆知識をまとめています。

青汁を飲まない方が良いケースはある?

ずばり、青汁を飲まない方が良い…というケースは殆どなく、どなたでも安心して飲むことができます。

そもそも、青汁は野菜を凝縮したものです。
医薬品ではないので副作用はありませんし、野菜ですからアレルギーの心配も殆どありません。

例えば、妊娠中や授乳中でも問題なく摂ることができますが、心配な場合はかかりつけ医師に相談してから摂取を開始すると良いでしょう。

もちろん、中高年の方でも問題なく飲むことができます。
むしろ、中高年の方は積極的に摂取するべきと言えるでしょう。

また、子供でも摂取はOK。
野菜嫌いな子には、料理やお菓子にプラスするような形で与えてあげると良いでしょう。

美味しい青汁を選ぶには?

青汁は継続することによって満足度が高まる健康食品です。
その為、飲みやすい青汁を選ぶことは絶対に意識したいポイントと言えるでしょう。

とは言え、「まずい飲み物=青汁」というイメージが定着しているほど味や匂いにクセがあるアイテムですから、美味しい青汁を選ぶにはちょっとしたコツがあります。
何も考えずに闇雲に製品を選んでしまうと、飲みづらいものを引き当ててしまう可能性もあるので注意が必要です。

美味しい青汁を選ぶには、ずばり、原材料にこだわるのが大切。
特に注意したいのは、ケールを原材料に使用した製品です。

ひと昔前までの青汁には栄養価が高く栽培しやすいケールを使うのが一般的でした。
ただし、ケールは非常に苦味やクセが強く、マズイのがデメリットです。
ケールは非常に栄養価が高い野菜ではありますが、ひと昔前とは違い、今ではそれ以上に栄養価が高く美味しい野菜が沢山登場しています。

具体的におすすめしたいのは、明日葉や大麦若葉などの野菜です。
明日葉や大麦若葉には特別な成分があり、栄養価が優れているうえに味もサッパリとしていてエグみや苦味が少ないのが特徴です。
その為、最近では、ケールに取って代わり、青汁に最も適した野菜として活躍しています。

美味しい青汁を選びたいなら、明日葉・大麦若葉などの野菜を使用した製品を選びましょう!

どんなタイプが人気?

青汁には、様々な製品タイプが存在します。
紙パックに入ったタイプや冷凍されているタイプなどがありますが、その中でも特に人気なのが粉末を水に溶かすタイプです。

所謂「粉末タイプ」と呼ばれるもので、水に溶かすだけでなく牛乳などの他の飲み物に溶かすことができるのがメリット。
さらに、料理などに加えることもできます。
コストパフォーマンスも優れているので、お財布への負担が少ないという魅力も!

デメリットとしては、水に溶けにくい製品も存在する…などの点が挙げられますが、評判の良い製品を選べばこの弱点をしっかりと克服している青汁をチョイスすることができますよ!

例えば、ふるさと青汁はおすすめ製品の一つ。
冷たい水や牛乳にも簡単に溶けますし、コストパフォーマンスも優秀です。
さらに、原材料には八丈島産の三年根明日葉が使用されているので、味も爽やか!
続けやすい青汁として高く評価されている製品です。

どんなアレンジ方法がある?

おすすめのアレンジ方法は、牛乳やヨーグルトに混ぜる飲み方です。
マイルドな味わいになりますし、手軽で手間がかからないのでオススメ!

また、温かい飲み物に混ぜるのもおすすめ。
ホットココアやお茶などにプラスするとお腹が温まり、スッキリをサポートすることも出来るようになります。

ただし、あまりに高温な飲み物に混ぜてしまうと、熱で含有されている酵素が壊れてしまう可能性もあります。
程よく冷めた状態で混ぜるように心がけましょう。

RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る