「青汁でダイエットができる理由」

青汁を飲んでダイエットをサポート

「青汁を飲めば痩せる」ことはありません。
しかし、青汁はダイエットをサポートしてくれます。
青汁を飲むことで必要な栄養素を摂取することができ、健康的にダイエットを補助してくれます。

脂肪の燃焼

まずダイエットに不可欠なのは、体の脂肪を燃焼することです。

脂肪燃焼のメカニズム

甘いものや炭水化物によって体内に取り込まれた糖質は、「ブドウ糖」に変換され、血液中に運ばれます。
血液中のブドウ糖が増加すると、余分なブドウ糖を血液中から取り除くために、「インスリン」というホルモンが膵臓から分泌されます。
インスリンの働きによって、ブドウ糖は脂肪に変えられ、体に蓄えられます。
逆に血液中の血糖値が下がると、すい臓から「グルカゴン」と呼ばれるホルモンが分泌され、脂肪分解酵素を生成します。
この脂肪分解酵素が脂肪を遊離脂肪酸に分解し、脂肪酸は血中に放出されエネルギーとして燃焼されます。
青汁を飲むことでブドウ糖の増加を抑制し、グルカゴンの正常な分泌を促し、膵臓機能を安定させることができるため、ダイエットサポート効果を期待することができます。

ブドウ糖の増加を抑制

青汁自体にほとんど糖質が含まれていないことに加え、青汁にはビタミン類やミネラル類が多く含まれているため、血液中のブドウ糖量の急激な増加を抑えることができます。
このようにして、余分な糖分が脂肪に変換されてしまうのを抑えることができます。

グルカゴン分泌の正常化

加えて、血糖値を低く保つことで、インスリンの過剰分泌を防ぎ、グルカゴンを正常に分泌させることができ、余分な脂肪をエネルギーに変換することができます。

膵臓機能の安定

バランス良く栄養素を摂取することによって、膵臓の機能を高め、ホルモンの分泌を正常に保つことができます。

便秘の解消

青汁を飲むことで腸の働きを活発にすることによって、排泄のサイクルを理想的に保ち、ダイエット補助効果を期待することができます。

食物繊維

便秘を解消するために必要な栄養素は「食物繊維」です。
食物繊維の大きな性質に、ヒトの体の中では消化されない、というものがあります。
また食物繊維には、体内で水を吸収して膨らむ性質もあります。
そのため、消化されずに腸にとどまり、膨張することで腸を刺激して、結果的に排便を促進することができます。
ケールや大麦若葉、明日葉などの、青汁の原料となる代表的な野菜には、とても多くの食物繊維が含まれており、便秘を解消してダイエット効果をもたらしてくれます。

食前に飲む青汁がとても効果的

青汁を食前に飲むことによって、効果を最大限引き出すことができます。
食事の前に飲むことによって、食べ過ぎを防ぐことができ、血糖値の急激な上昇を抑えることができるからです。
また、常温のものを飲むことによって、胃にかかる負担を軽減することができます。
RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る