「青汁ソムリエの資格を取ろう」

健康管理に青汁

健康維持の一環として、青汁を毎日飲む人が多くなっています。
青汁専門店や、青汁を使ったデザートもよく知られており、老若男女問わず愛される飲み物となっています。
人気の理由は、青汁を飲むことで野菜不足をある程度解消できるからです。
青汁にはビタミンやミネラルなど、野菜に含まれる栄養素が多く含まれています。
青汁を毎日飲むことによって、体に必要な栄養素をバランスよく栄養素を摂取することができるのです。
青汁の人気が高まる中、「青汁ソムリエ」と呼ばれる認定制度が開始されています。

青汁マイスター制度

2013年から始まった、一般社団法人「青汁マイスター協会」による認定制度です。
正式名称は「青汁マイスター」で、テイスティング試験を満点合格すると「青汁ソムリエ」の資格を取得することができます。
公式ホームページによると、青汁マイスターとは「青汁を通じて野菜の大切さを学び、健康への意識を高め、その重要性を広く世の中に語ることができる、青汁のスペシャリスト」となっています。
国家資格ではありません。

資格の取得方法

最初に90分の講座を受けて、そのあと30分の筆記試験と10分のテイスティング試験があります。
受講料・受験料は税込みの5000円です。
クレジットカードや振り込みによる支払いはできず、試験当日の受付で支払う必要があります。

講座を受けて、青汁の知識を深める(90分間)

まず初めに講座をきいて、青汁に関する知識を深めることができます。
現代人の食生活の問題点と野菜の重要性、青汁の歴史や種類、効能など健康に役立つ知識を学ぶことができます。
テキストはあらかじめ準備されており、事前に準備するものは筆記用具のみです。
青汁を実際にテイスティングしながら基礎知識を学ぶ時間もあり、楽しく実際的に学習することができます。
分かりやすく有意義な講座で、短い時間ながらも効率的に青汁について学ぶことができます。

30分の筆記試験と10分のテイスティング試験

90分の講座の後に、40分の試験があります。
テイスティング試験に合格するためのカギは、青汁そのものの味をしっかりと覚えておくことでしょう。

結果発表

1か月ほどしてから、合否の通知を受けることができます。
合格すると認定証とステッカーが送られてきます。

仕事でも、自己の健康管理においても役立つ資格(まとめ)

化粧品メーカーや食品メーカーに勤務している人が、この資格を取得して、仕事に役立てています。
もちろん受験資格はなく、受講料・受験料も比較的安価なため、自分の健康管理のために受けてみるのも良いかもしれませんね。
RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る