「筋肉をつけたい人には、青汁がオススメ」

筋肉をつけることによりもたらされる益

身体の健康を維持するために青汁を飲む人は多くいますが、筋力アップにおいても、青汁は効果を発揮します。
筋力トレーニングにより得られる益は、筋肉の増強だけにとどまりません。
まずトレーニングによって、体の代謝の効率を上げることができ、日常生活の中で多くのカロリーを消費できるようになります。
その結果、無駄な脂肪を燃焼することができ、引き締まった体を維持できることに加えて、生活習慣病を予防することができます。
また骨密度を高めることができるため、骨粗鬆症を予防して丈夫な骨をつくることができます。
さらに、ホルモンの分泌量が多くなることで、アンチエイジング効果も期待できます。

青汁を飲んで筋力アップをサポート

青汁により筋力アップをサポートできる理由として、「活性酸素の除去」と「プロテインの効果を引き出す」の2つを挙げることができます。

活性酸素の除去

青汁を飲むことで活性酸素を除去することができ、筋肉を効率的に増強できます。
活性酸素とは、体内に取り込まれた酸素が酸化することで発生するもので、体に侵入してきたウイルスや細菌を攻撃するために必要不可欠な物質です。
筋力トレーニングをすると、特にこの活性酸素が多く発生します。
しかし問題は、活性酸素の働きによって、筋肉の回復に時間がかかってしまうことです。
この活性酸素を取り除き、 筋肉を素早く回復させるために青汁はとても効果的です。
活性酸素を取り除くためにカギとなるのは、「SOD酵素」「ポリフェノール」「ビタミンC,E」です。

SOD酵素

青汁の材料となる明日葉・ケール・大麦若葉には、「SOD酵素」と呼ばれる物質が含まれており、この酵素が活性酸素を除去してくれます。

ポリフェノール

青汁に含まれているポリフェノールも、抗酸化作用を持っているため、筋肉の回復を促進します。
青汁を飲むことで、傷んだ筋肉の細胞をより早く修復することができます。

ビタミンC、ビタミンE

青汁にはビタミンCとビタミンEが多く含まれています。
この2つのビタミンも抗酸化作用に優れています。
ビタミンCは水溶性のため水分が多くある細胞内部や血液中で、ビタミンEは脂溶性のため細胞膜やコレステロール中において、効果を発揮します。

プロテインの効果を引き出す

筋力アップのために「プロテイン」を飲む人も多いと思いますが、プロテインの効果を引き出すためにも、青汁と一緒に飲むことをおすすめいたします。
その理由の一つは、タンパク質が体の中で分解されて筋肉に変わるためには、ビタミンとミネラルが必要不可欠だからです。
また、糖質をエネルギーに変換するためにも、この2つの栄養素が必要です。
それとは逆に、ビタミンEを吸収するためにもタンパク質が必要です。
ビタミンEは体の中で、「カイロミクロン」と呼ばれるタンパク質のボールと結合して、リンパ管から血液中に輸送されます。
そのためタンパク質が不足すると、摂取されたビタミンEは無駄になってしまうのです。

青汁を飲んで、効率的に筋力アップ(まとめ)

青汁を飲んでバランスよく栄養素を摂取することで、効率的に筋力アップを図りましょう。
RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る