「そもそも「青汁」って何?」

青汁とは?

青汁の定義

健康に良い飲み物として有名なのが、「青汁」です。
青汁は「生野菜をしぼった汁」のことで、主な原材料の野菜として、「大麦若葉」、「ケール」、「明日葉」等を挙げることができます。

「野菜ジュース」との違い

野菜ジュースと同じ、と勘違いしている方も多いようですが、野菜ジュースとは違い、糖類や果物類は添加されていません。
野菜ジュースの多くは、加熱処理されているため、栄養素が大きく損なわれてしまいますが、青汁は「生の野菜」が使われているため、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が多く含まれています。

青汁のルーツ

戦後の食糧不足の時に、必要な栄養素を補うため、岡山県の医学博士「遠藤仁郎」氏が研究を始めたのをきっかけに、青汁は多くの人々から知られるようになっていきました。
そして昭和29年には、現在でも良く知られている「ケール」の青汁が誕生しました。

青汁に含まれる栄養素

豊富な栄養素を含んでいることから、健康志向の方に愛されています。
主な栄養素としては、「ビタミンB群」「ビタミンC」「カロチン」「ミネラル」「ビオチン」「食物繊維」等を挙げることができます。

現代人に必要な栄養素

食料が不足した戦前・後の栄養失調とは違い、最近は「現代人型栄養失調」というものがあります。
この現代人型栄養失調とは、ビタミン・ミネラル・食物繊維の不足から生じる栄養失調で、主に野菜の摂取量不足によって引き起こされます。
青汁を飲むことで、体に必要な栄養素をしっかりと摂取して、栄養失調を予防することができます。

青汁で効率的に栄養摂取

原材料となる野菜の種類や、含まれている栄養素の種類によって効果も異なるため、 自分の体に合わせて選ぶこともできます。
例えば「ダイエット」中の人は、食物繊維を多く含んでいる、明日葉やケールを原材料とした青汁を摂取することで、腸の働きを活発化させ、排泄のサイクルを安定させることができ、結果的にダイエット効果を期待することができます。
また、食物繊維の摂取により、自律神経を安定させることもできます。
ビタミンやミネラルを多く含んでいるものは、美肌効果を期待できます。
さらに、大麦若葉には鉄分が豊富に含まれているため、貧血の方は大麦若葉の青汁を飲むことで、貧血を予防することができます。

青汁で効果的に栄養摂取(まとめ)

青汁を飲むことで、必要な栄養素を吸収することができ、体と精神の健康を保つことができます。
実際の野菜とは違い、保存がきくことに加えて、調理する必要もなく簡単に飲むことができるので、毎日続けることも苦になりません。
青汁を飲んで、体の健康を維持しましょう。
RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る