「早朝に摂取したほうがよい理由」

健康維持には青汁

体の健康のために青汁を飲んでいる人は多くいます。
昔に比べて種類が豊富になっているので、体が必要とする栄養素に合わせて青汁を選ぶことができます。

飲むタイミングも重要

含有されている栄養素と同じくらい重視したいのが、青汁を飲むタイミングです。
朝・昼・夜とそれぞれのタイミングには違ったメリットがありますが、今回は「朝」青汁を飲むメリットについて考えたいと思います。

寝ている間にエネルギーを消費している

私たちは寝ている間に、たくさんのエネルギーを消費しています。
その疲れた体を修復するために体は多くの栄養素を必要とします。
青汁には、ビタミン類やミネラル類・食物繊維など豊富な栄養素が含まれているため、朝飲むことで栄養素をしっかりと摂取して、1日の活動に備えることができます。

朝食を抜く方には特に必要

朝忙しくて朝食が摂れない、という人は多いかもしれません。
しかし朝の食事を完全に抜いてしまうと、前日の食事から次の日の昼食までの間隔が長く空いてしまい、体が脂肪を蓄える働きを強めます。
結果的に、昼食で吸収した脂肪分を体が過剰に吸収してしまうのです。
朝に青汁を飲むことでこのような事態を回避して、ダイエット効果を期待することもできます。

栄養素を効率よく吸収

朝起きた時、体は栄養素を必要としています。
その状態で青汁を飲むことで、無駄なく栄養素を吸収することができます。
また胃の中に他に何もない状態で飲むことにより、体が栄養素を吸収するのを阻害するものがなく、スムーズに栄養を取り込むことができます。

血糖値の急激な上昇を抑制

睡眠中は何も食べないので、脳が低血糖になることを避けるために、肝臓に命令を出して糖を作らせます。
健康な人はこの時に、同時にインスリンが分泌されるため、血糖値の急激な上昇を抑えることができますが、糖尿病の人はインスリンが分泌されないため、血糖値が上がってしまいます。
青汁には、血糖値の上昇を抑えるビタミン類やミネラル類が多く含まれているため、朝起きてすぐに飲むことで血糖値を安定させることができます。
また、青汁は糖質の吸収を緩やかにするため、朝食の前に飲むことで血糖値の急激な上昇を抑えることができます。

便秘改善効果も

便秘改善のためには、朝と就寝前に青汁を飲むのが効果的です。
しかし、就寝前に飲むことによって胃が刺激されてしまい眠れなくなったり、寝ている間にトイレに行きたくなったりすることがあります。
これらのリスクを避けるためには、朝飲むのが最も効果的といえます。
朝早めに起きて青汁を飲むことで胃腸の働きを刺激し、快便を促すことができます。
ただ、朝から冷たい青汁をたくさん飲んでしまうと、お腹をこわしてしまうこともあるので注意しましょう。

早朝に飲んで、楽しく1日を過ごす(まとめ)

朝青汁を飲むメリットは多くあります。
毎朝続けて、健康な毎日を送りましょう。
RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る