「青汁を買う前に飲む目的を定めよう」

体に必要な栄養素を豊富に含んだ青汁

若い人からお年寄りまで、健康のために青汁を飲む人が多くなっています。
最近では、水に溶かして飲む粉末状のものやタブレット状のものなど、色々なタイプの青汁が販売されています。
また、主原料によっても含有されている栄養素が大きく異なってきます。

青汁を買う前に飲む目的を定める

人それぞれ青汁を飲む目的は違います。
例えば下に挙げるようなものがあります。
・体のむくみを解消したい
・アンチエイジング効果
・野菜不足を解消したい
・免疫力を高めて、病気を予防する
・子供の野菜嫌いが心配
・腸内環境を整えて、便秘を解消する
購入前に飲む目的をはっきりと決めて、それに合った青汁を購入する必要があります。

むくみ解消

むくみを解消したい方には、「明日葉」の青汁をお勧めいたします。
明日葉に含まれる代表的な栄養素に「カルコン」があります。
カルコンはフラボノイドの一種で強い抗酸化力・殺菌作用をもっています。
このカルコンは体の中の老廃物を排出するデトックス効果があるため、体の代謝効率を高め、むくみを解消することができます。

アンチエイジング効果

「大麦若葉」の青汁は、アンチエイジングに効果を発揮します。
アンチエイジングのカギは、過剰生成された活性酸素の除去です。
活性酸素とは酸化させる力が強力な酸素のことです。
体には必要不可欠な物質で、外から入ってきたウイルスや細菌を駆除して体を保護する役割があります。
しかし、体内で活性酸素が増加しすぎると逆に細胞にダメージを与えてしまい、老化の原因となってしまいます。
この活性酸素を取り除くのに必要なのが酵素ですが、大麦若葉には「SOD酵素」と呼ばれる強力な活性酸素除去酵素が含まれており、この酵素の働きによって活性酸素を適切な量に保つことができ、細胞の老化を抑制することができます。

野菜不足の解消

現代人の食生活は肉中心になっているため、野菜不足に悩む人が増えています。
そんな方におすすめなのが「ケール」の青汁です。
ケールは、青汁の最も代表的な原料でよく知られています。
ケールは「野菜の王様」と呼ばれるほど、ビタミン類・ミネラル類などの栄養素をふんだんに含んでいます。
野菜不足の人でも、このケールの青汁を毎日飲むことで、豊富な栄養素を摂取することができます。

免疫力を高めて、病気を予防

体の免疫力を高めるためには、「ヨモギ」の青汁が効果的です。
ヨモギには豊富な栄養素が含まれている上に、血行を促進する効果があるため、体の免疫力を高めることができます。
また、「クマザサ」の青汁にはバンフォリンという細胞膜の成分が含まれており、摂取することで細胞膜を修復する効果を期待することができるため、ウイルスや細菌の攻撃から細胞を守り、病気になりにくい体を作ることができます。

子供の野菜嫌いが心配

野菜嫌いの子供には、「フルーツ青汁」をお勧めいたします。
青汁本来の苦さが抑えられている上に、フルーツが加わっていることでビタミン類の栄養素が多く含まれており、子供が必要な栄養素を摂取するには最適の飲み物といえます。

腸内環境を整えて、便秘の解消に

「大麦若葉」「桑の葉」「ケール」の青汁には、食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維は腸内に存在する善玉菌のエサとなるため、腸内環境を整えるためには必要不可欠な栄養素です。
また、食物繊維は腸内にとどまって腸の蠕動運動を促す働きがあり、便秘を解消してくれます。

目的に合った青汁を選びましょう(まとめ)

色々な種類の青汁が販売されているので、購入前に目的をはっきりさせて購入しましょう。
RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る