「青汁ファスティングダイエット」

ファスティングダイエットとは

短期間で痩せることができ、成功率が高いダイエット法に「ファスティングダイエット」があります。
「ファスティング」とは、英語で「断食・絶食」を意味しており、食事を断ってダイエットする方法です。
完全に断食するわけではなく、主流の方法としては何かのドリンクを食事の代わりに飲んでカロリー摂取を抑えるものですので、そんなに大変ではなく、人気の高いダイエット法と言えます。

青汁ファスティングダイエットが効果的な理由

ダイエットのためには、過剰にカロリーを摂り過ぎないように注意する必要があります。
しかし、体に必要な栄養素はしっかりと摂取しないと、体の健康を維持することはできません。
そのために効果的なのが青汁です。
青汁には豊富なビタミン類、ミネラル類、食物繊維が含まれているため、必要な栄養素をしっかりと摂取することができ、またジュース状で吸収が良いところも青汁のメリットです。

ファスティングダイエットのやり方

「断食」といっても、突然すべての食事を断ってしまうわけではありません。
急に絶食してしまうと、逆に体調を崩してしまいます。
ファスティングダイエットは、「準備期間」「断食期間」「復食期間」の3つの期間に分けて、段階的に行っていきます。

準備期間

いきなり断食をして胃に負担をかけないように、断食を行う前に準備期間を必ずとります。
基本的に断食の期間は2日ほどですので、同じ長さの準備期間を摂ることが必要です。
もし日ごろから、糖分や脂肪分の高い食事をしているなら、この準備期間はさらに長く、2倍ほどの時間を摂る必要があります。
いつもの食事の6~8割の量の食事を摂ります。
徐々に食事の量を減らすようにすると、無理なく準備ができます。
またこの期間には、胃腸に優しい「豆類」「ゴマ」「海藻類」「きのこ類」などを普段より多めに食べることで、効果を高めることができます。
夕食は、就寝の4時間前までに済ませるようにしましょう。

断食期間

断食期間といっても、全く何も食べないわけではありません。
軽食としておかゆを食べたりスープを飲んだりすることができます。
断食期間におすすめの青汁は、「フルーツ青汁」です。
中にフルーツが配合されていてとても飲みやすいので、楽しんで断食を行うことができます。
断食期間が2日の場合、下のようなメニューで青汁を飲みます。
1日目
朝食:青汁4杯
昼食:青汁3杯+軽食
夕食:青汁4杯
2日目
朝食:青汁4杯
昼食:青汁3杯+軽食
夕食:青汁4杯または、青汁3杯+軽食
このようなメニューで断食期間は終了です。

復食期間

この復食期間で、普段の食事に少しずつ戻していきます。
復食期間はとても重要で、この期間をどのように過ごすかによって、ダイエットが成功するかが大きく決まります。
高カロリーのものや刺激の強い食事を摂ってしまうと、胃に負担がかかってしまうだけでなく、リバウンドしてしまいダイエットが失敗してしまいます。
消化の良いおかゆや野菜スープなどを食べると良いでしょう。

青汁で健康的にダイエット(まとめ)

断食期間中は体の不調を感じることがあるため、無理せずに行うようにしましょう。
ファスティングダイエットは胃腸をリセットできるため、体質改善の効果もあると言われています。
青汁で健康的にダイエットしましょう。
RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る