「青汁は健康にもダイエットにも効果的」

若い人に人気の青汁

青汁は、主に緑黄色野菜を搾って作った汁のことで、有名な原料としては「ケール」や「明日葉」「大麦若葉」などがあります。
体の健康維持に良いだけでなく、ダイエット効果も期待できることから、若い人の間でもとても人気になっています。

必要な栄養素を摂取して、健康な身体をつくる

青汁と野菜ジュースの大きな違いは、野菜ジュースは加熱処理されている上に、飲みやすいように糖分が添加されているのに対し、青汁は生の野菜を搾ったものであることから栄養素が熱によって破壊されていないため、栄養が豊富に含まれているという点です。
青汁を飲むことによって期待できる効果に、「癌予防」「生活習慣病の予防」「血圧の安定」を挙げることができます。

癌予防

ケールや大麦若葉の青汁には、癌細胞の発生や増殖を抑制する酵素が含まれているため、癌を予防することができます。
その1つが「イソチアシネート」です。
私たちの体では遺伝子の変化によって、毎日何千個もの癌細胞が作られていますが、癌細胞の生成を誘発してしまうのが、体内に取り込まれた発癌性物質です。
発癌性物質が体内で害を及ぼすことがないように、体内の酵素が発癌性物質を無毒化して体外に排出する働きがあります。
イソチアシネートはこれらの酵素に働きかけて、酵素の動きを活性化する効果があります。
さらに青汁に含まれる「ペルオキシダーゼ」という物質は、発癌物質を抑制する働きがあります。

生活習慣病の予防

青汁を飲むことで生活習慣病を予防することもできます。
まず、青汁飲むことによって、血圧を安定させることができます。
青汁にはカリウムが多く含まれており、カリウムは塩分を体内から排出する働きがあります。
高血圧は血中の塩分濃度の上昇により誘発されるものであるため、カリウムの摂取により血圧を安定させることができるのです。
さらに、青汁に豊富に含まれている食物繊維には、血圧を安定させる作用があります。
また、明日葉の青汁に多く含まれている「カルコン」には血圧の上昇を抑制する働きがあります。

ダイエットにおいても効果を発揮

青汁は健康維持だけではなく、ダイエットにおいても効果を発揮してくれます。

腸内環境を整える

青汁には豊かな食物繊維が含まれているため、腸の蠕動運動(便を排出する運動)を刺激し、腸内環境を整えることができます。
不要なものをできるだけ早く体外に排出することで、必要な栄養素を効率的に吸収できるようになり、代謝の良い太りにくい体を作ることができます。

満腹感

食物繊維を摂ることで満腹感を得ることができるため、食事やおやつの前に飲むことにより食べ過ぎてしまうのを防ぐことができます。
青汁には他にも多くの栄養素が含まれているため、食事でなかなか摂ることができない栄養素も摂取でき一石二鳥ですね。

血糖値をコントロール

甘いものや炭水化物には糖質が多く含まれているため、摂りすぎることで血糖値の上昇を招いてしまいます。
野菜に含まれている糖質は少なく、野菜を原料とした青汁を飲むことで、血糖値が上昇するのを防ぐことができます。
また、青汁に多く含まれているビタミン類やミネラル類は血糖値を下げる作用があるため、青汁を飲むことにより血糖値をコントロールすることができます。

健康管理とダイエットには青汁を(まとめ)

青汁には野菜の栄養素が多く含まれているため、毎日飲むことで健康を促進しダイエット効果を期待することができます。
RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る