「青汁は飲むタイミングで効果が違う」

青汁を飲むことのメリット

体の健康を維持するために、青汁を毎日飲むことは効果的です。
最近では外国人の間でも、日本発祥の青汁が人気を博しているそうです。
青汁を飲むことで得られるメリットには次のようなものがあります。
・ダイエット効果
・バランスよく栄養が摂れる
・便秘を解消できる
・快眠・美肌効果

青汁を飲むタイミングで効果が違う?

それぞれの効果を最大限に引き出すためには、ベストなタイミングで青汁を飲む必要があります。

ダイエット

ダイエット効果を期待する方には、「食事前」に飲むことをおすすめします。
青汁には食物繊維が豊富に含まれていますが、この食物繊維は水を吸うと大きく膨れ、満腹中枢を刺激することができます。
この作用により、食べ過ぎを防ぐことができるのです。
またお腹がすいているときは、血液中の血糖値が低い状態にあります。
その状態に、タンパク質や炭水化物が入ってくると、血糖値が急激に上昇してしまいます。
それを抑えるために「インスリン」が膵臓から分泌されるのですが、このインスリンの作用により、体に脂肪が蓄えられてしまいます。
青汁を先に飲むことで、血糖値の上昇を緩やかにして、体が脂肪を蓄えるのを抑制します。

栄養の補給

栄養素を摂取することが目的の場合、「朝起きてすぐ」に飲むのが効果的です。
睡眠中に身体は汗をかいているため、目覚めた時には栄養を吸収しやすい状態になっています。
その状態で青汁を飲むことにより、身体の隅々に栄養素を行き渡らせることができます。
青汁に含まれているビタミンCやビタミンEには、「疲れ」の原因である活性酸素を除去する働きがあるため、一日の初めに摂取することで疲れにくい体を作ることもできます。

便秘

便秘の改善のためなら、「就寝前」に飲むのがベストです。
寝ている間に、青汁に含まれる食物繊維が腸内環境を整え、腸が活発に働くように促します。
その結果、起床時にスムーズな排便を行うことができます。
注意する必要があるのは、腸の運動が活発化しすぎて、睡眠を妨げる可能性があることです。
そのような場合は、起床時に飲むようにすると良いでしょう。

快眠・美肌効果

ケールの青汁にはメラトニンと呼ばれる物質が含まれています。
このメラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれており、体内時計に作用して、快眠をもたらしてくれるホルモンです。
快眠効果を期待する方には、「夜」に青汁を飲むことをおすすめします。
また、美肌効果のためにも、夜に飲むことをおすすめします。
人は睡眠後の3時間に成長ホルモンが分泌され、肌の新陳代謝が促進され、肌は新しく生まれ変わります。
その時間に必要な栄養素が豊富にあるように、夜の間にしっかりと補給しておくことで、肌を若く・美しく保つことができます。
RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る