「青汁の代名詞である「ケール」について」

体に必要な栄養素がふんだんに含まれる青汁

健康志向の人に大人気の飲み物が「青汁」です。
「ビタミン類」「ミネラル」「食物繊維」などが豊富に含まれており、野菜不足の人でも青汁を飲むことで、体が必要とする栄養素を摂取することができます。
代表的な青汁の原材料として、「ケール」「明日葉」「大麦若葉」「桑の葉」などを挙げることができます。
特にここでは、「ケール」に含まれる栄養素とその効能について説明します。

ケール-「野菜の王様」

ケールは元々地中海に生息しているアブラナ科の植物で、和名は「緑葉甘藍」と呼ばれています。
形はキャベツにとても似ていますが、キャベツと異なり葉が扇状に真っすぐ広がっています。
冬に栽培されたものは甘く、夏のものは苦いという点も、キャベツと同じです。
独特の青臭さと苦みを持っており、青汁のイメージの「マズイ」味の源はこのケールから来ています。
ケールは野菜の王様と呼ばれるほど、その高い栄養価において定評があります。

ルテイン

ケールに多く含まれる栄養素として、「ルテイン」を挙げることができます。
ルテインは緑黄色野菜に含まれている、天然色素の一種です。
網膜の中心部や水晶体に存在しており、紫外線などの高いエネルギーの光を吸収することができ、さらに高エネルギーの光によって生成される活性酸素を除去することができます。
このようにして網膜が傷つくのを防ぎ、目の健康を保ってくれます。
ルテインは加齢とともに減っていくため、体外から食物を通して摂取することが不可欠です。

ビタミン

ケールには、ニンジンの約2倍の「ビタミンA」が含まれています。
ビタミンAは、鼻や喉の粘膜を守る働きがあります。
そのため免疫系統を強化して、風邪などの、病気になりにくい身体を作るために必要不可欠な栄養素といえます。
ケールには豊富な量の「ビタミンK」も含まれています。
ビタミンKを摂取することにより、血液の凝固システムを正常に保つことができ、怪我したときにも大量出血を免れることができます。
また、健康で丈夫な骨を維持するためにも必要です。

ミネラル

ケールにはミネラルも多く含まれています。
ミネラルとは「カルシウム」「マグネシウム」「鉄」などの総称です。
ケールの青汁によってカルシウムを摂取することで、骨の健康を保つことができることに加えて、神経伝達物質やホルモンの分泌を正常に保つことができます。
マグネシウムも体の健康に不可欠な栄養素ですが、現代人の食生活において不足しがちでもあります。
ケールにはマグネシウムも多く含有されています。
マグネシウムをしっかりと摂取することで、血流を促進し、血圧を安定させることができます。
不足すると、学習能力や記憶力などの脳の活動が、大幅に低下してしまいます。

ケールの青汁(まとめ)

ケールには、不足しがちな栄養素がたくさん含まれています。
ケールをそのまま食べるのはなかなか難しいですが、ケール入りの青汁を飲むことで栄養素を摂取して、健康な心身を保つことができます。
RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る