「青汁の成分を調べよう」

青汁にはどんな栄養成分が含まれている?

現代人の食事には、野菜が不足しているといわれています。
不足している栄養素を補うために、「青汁」はとても効果的です。
その主原料は「ケール」、「明日葉」、「大麦若葉」と様々ですが、すべての青汁に同じように含まれている栄養素が、下に挙げるものです。

・ビタミン
・ミネラル
・カリウム
・食物繊維

それぞれの栄養素にはどのような働きがあるのでしょうか。
ここでは青汁に含まれている成分の効果について説明します。

青汁に含まれるビタミン

ビタミンにも種類があり、青汁から摂取可能なものとして、「ビタミンC」「ビタミンA」「ビタミンB」を挙げることができます。

ビタミンC

ビタミンCは粘膜を強化するのに必要不可欠な栄養素です。
ビタミンCによって粘液の分泌が促され、粘膜の部分を十分に保湿された状態に保つことができます。
外敵であるウイルスや細菌から体を守るためには、「粘膜」を正常に保つことが必要です。
粘膜とは目や鼻、口さらに喉など存在し、ウイルスや細菌が外から入ってくると、それが体内に侵入するのを阻止し、体外に押し出す役割を担っています。

ビタミンA

ビタミンAは癌予防に効果があることが確認されています。

ビタミンB

ビタミンBは、体内で糖質やたんぱく質を代謝するときに、酵素を助ける働きを持っています。
脂質や糖質をエネルギーに変換するために、とても重要な栄養素です。

青汁に含まれるミネラル

ミネラルとは、カルシウム、鉄、マグネシウムなどの元素の総称です。
青汁には様々なミネラルがバランスよく含まれています。

カルシウム

カルシウムは強い骨をつくるために、なくてはならない栄養素です。
ケールにはカルシウムが多く含まれているため、カルシウムの摂取を重視する方はケールが原料の青汁がおすすめです。

赤血球の中に含まれるヘモグロビンは、鉄が原料となって生成されます。
ヘモグロビンは体内の各組織に、酸素を運んでいくために欠かせない物質なため、鉄分をしっかりと摂取することで、体全体の健康を維持することができます。

マグネシウム

マグネシウムには、疲労回復を手助けする働きやイライラを解消する働き、体温を一定に保つ働き等があります。

カリウム

血圧を正常値に保つために、カリウムは欠かせない栄養素です。
カリウムには血液中の不要な塩分を排出する働きがあるため、血液の量を正常に抑え、血管への圧力を下げ血圧を安定させることができます。
また、腸内の筋肉にも作用して、便秘の改善を促進することができます。

食物繊維

青汁には豊富な食物繊維が含まれています。
ストレスや偏った食生活によって、腸内環境は悪化してしまいます。
その原因は、善玉菌が減少し、悪玉菌が増加してしまうからです。
善玉菌と悪玉菌のバランスを保つために必要なのは、食物繊維をしっかりと摂取することです。
腸内環境を整えることによって、美しい肌を維持し、アレルギー体質を改善し、免疫力を強化することができます。

青汁摂取で健康に(まとめ)

青汁を飲むことで不足する栄養素をしっかりと摂取し、健康な体を維持しましょう。
RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る