「青汁で健康生活!」

栄養素をバランス良く摂取して、健康を維持

現代人の食事には、野菜が不足しているといわれています。
野菜が不足すると、体に必要な栄養素が欠乏してしまうので、病気や、身体の不調を引き起こすリスクが高くなります。
バランスよく栄養素を摂取するために、青汁を毎日飲むことは効果的です。

青汁で栄養素を摂取

青汁には豊富な栄養素が含まれており、それらを効果的に吸収することができます。
青汁によって吸収できる栄養素として、「ビタミンK」「カリウム」「ビタミンC、A」を挙げることができます。

ビタミンK

青汁を飲んでビタミンKを摂取することにより、血液と骨の健康を保つことができます。

健康な血液を維持

人の体は外傷などによって出血があった時、血を固めるための血液凝固因子である「プロトロンビン」と呼ばれるたんぱく質を分泌します。
このたんぱく質によって、血液が大量に失われるのを防ぎます。
このプロトロンビンは肝臓で生成されていますが、その際に補酵素として働くのがビタミンKです。
ビタミンKの摂取によって、正常な止血システムを維持することができます。

骨の生成と破壊のバランスを保つ

ビタミンKには、骨の中のたんぱく質を活性化する作用があります。
そのため骨が沈着するのを促し、骨の生成を促進してくれます。
加えて、骨が血液中に溶けていく「骨吸収」を抑制し、骨粗鬆症を予防することもできます。
青汁を飲むことで、骨の生成と破壊のバランスを保つことができます。

カリウム

青汁は「カリウム」も多く含んでいます。
カリウムはその98%が体の細胞の中に存在しているため、細胞の正常な働きや機能に不可欠な栄養素です。

心肺機能の向上

カリウムは神経や筋肉に関する情報伝達に欠かせません。
不足してしまうと不整脈や心停止など、致命的な症状を引き起こしてしまいます。
青汁を飲んでカリウムをしっかりと摂取することで、心肺機能を正常に保つのを助けてくれるだけでなく、疲れにくい体を作り、血圧を安定させる効果も期待できます。

カリウムを効率的に摂取

しかしカリウムは水に溶け出しやすいという特徴を持っているため、野菜の調理の際には注意する必要があります。
青汁で摂取する場合、すべてを無駄なく吸収できるのでとても効率的です。

ビタミンC、ビタミンA

体の老化の原因と言われるのが、過剰に増加した「活性酸素」です。
本来活性酸素は、体に侵入してきた細菌を駆除する働きがあるのですが、過剰に生成されると逆に細胞や遺伝子を傷つけてしまいます。
その結果肌の老化や生活習慣病などを招いてしまうのです。
青汁には、活性酸素の増加を抑える「ビタミンC、A」が豊富に含まれているため、 体を若々しく保つことができます。
ビタミンCはそれ自体が酸化されやすい性質を持っているため、体に吸収された酸素が過剰に活性酸素になるのを抑制します。

青汁で健康維持(まとめ)

青汁を毎日飲むことで、不足しがちな栄養素をしっかりと摂取して、健康な体を維持することができます。
RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る