意外と知られていない青汁のこと

慢性疲労にも効く青汁

普通の疲労は一晩寝ればとれるものが大半ですが、寝ても疲れがとれない、長期間にわたって疲労が続くことを「慢性疲労」といいます。
慢性疲労解消に必要なことは、疲労の回復である睡眠や休暇ですが、青汁を飲みだしたら疲労が改善したという報告が聞かれるようになりました。
ここでは、なぜ青汁が慢性疲労を改善させるのかという理由についてご紹介したいと思います。

慢性疲労の原因と考えられているもの


ストレスによる交感神経の興奮

交換神経は昼間に働き活動を活発にさせ、夜リラックスし修復が機能するように副交感神経が働きます。
この交換神経と副交感神経が交互に働いてこそ、昼間に忙しく働いても、夜にしっかり眠れば、疲れは修復されます。
ストレスが多いと、交感神経が興奮したまま副交感神経が働く時間が少なくなり、疲れがとれないといった「慢性疲労」に陥るわけです。

睡眠不足

横になって寝ても、ストレスによりイライラして寝つけなかったり、カフェインの摂り過ぎにより寝付けなかったり、心配事に囚われて寝つけなかったり、良質な睡眠がとれないと疲労を回復することは困難になります。
疲労回復に重要なのは、良質の十分な睡眠です。

栄養不足

身体の生命活動に必要な栄養素が一部でも足りていないと、身体の維持に支障をきたし、倦怠感に襲われます。
毎日しっかり食事を摂っているつもりでも、一日に必要な栄養素を食事だけで完璧に摂ることは、栄養士さんでも難しいといわれています。
一日に必要なビタミンなどの栄養素は、野菜を350gも食べないといけないといわれています。
それはなかなか難しいですよね。

疲労を回復させる青汁の有効成分

良質な睡眠は、疲労の一番の回復方法です。
青汁によく使われているケールには、睡眠ホルモンともいわれるメラトニンが豊富に含まれています。
メラトニンが多いといわれていたトウモロコシの30倍ものメラトニンが含まれているそうです。
野菜の中でもっともメラトニンの含有量が多いのがケールです。

ケールの青汁には、ストレスを緩和し良質の睡眠を促す成分が豊富なのです。
さらに青汁は緑黄野菜でもありますから、ビタミン、ミネラル、アミノ酸も豊富です。
抗酸化物質のポルフェノールも豊富で老化も予防します。
葉緑素のクロロフイルは、人体に有害な金属ミネラルを排泄させますし、食物繊維は便秘改善をして、栄養素が摂りこみやすい胃腸に改善します。
生活習慣病の改善に効果的な青汁を毎日飲むと、不足していた栄養素も改善され、傷ついた内臓機能の修復効果も高まります。
寝ても疲れがとれない「慢性疲労」の方は、栄養補給と安眠効果を促進するケールの青汁を試してみましょう。
続けることで良質の睡眠が得られ、慢性的な疲労の回復も改善されていくのではないでしょうか?