意外と知られていない青汁のこと

手軽に美味しく身体スッキリ

青汁があまりお好きでない人にも、おすすめなのが青汁とバナナと牛乳の組み合わせです。
抹茶牛乳のような味にバナナの甘味が加わり、とても飲みやすく腹持ちの良い飲み物になります。
1食置き換えダイエットにも最適な飲み物です。

青汁は緑黄野菜の栄養素を手軽に補給できるため、生活習慣病の予防や、整腸効果、便秘改善、ダイエット効果、抗酸化作用によるアンチエイジング効果や肌質改善効果、有害物質のデトックス効果などがあります。
青汁とバナナと牛乳との組み合わせにより、その効果は単独で摂るよりも、相乗効果で三倍以上の働きを発揮するようになります。

牛乳はカルシウムやタンパク質脂質ビタミンミネラルが豊富で、青汁との組み合わせにより、さらにカルシウムの吸収率がアップします。
そのような手軽に美味しく身体もスッキリする「青汁バナナ牛乳」の効果・効能について詳しくご説明していきたいと思います。

青汁バナナ牛乳による効果


便秘解消

牛乳に含まれる乳頭(ラクトース)は消化されにくく、一部は消化されずに大腸まで運ばれ善玉菌のエサになります。
中でも乳糖不耐症の方は牛乳を飲むと下痢をしてしまいます。
乳糖分解酵素の分泌は個人差があり、そもそも牛乳は緩い下剤効果があります。
便秘の人には好都合な効果ですね。

青汁も不溶性食物繊維が豊富ですから、便をからめとり排泄させるのに効果的です。
バナナも食物繊維は豊富で、さらに消化されにくいフラゴオリゴ糖を含んでいるので、青汁や牛乳と同様に善玉菌のエサになり、整腸効果を高めてくれます。

代謝促進、脂肪燃焼効果、免疫力アップ

牛乳のタンパク質は、筋肉の成長や修復に役立ち、基礎代謝をあげてくれます。
青汁バナナ牛乳のそれぞれに含まれるビタミンやミネラルは、脂肪や糖質の燃焼に使われ、痩せやすい身体にします。
皮に茶色の斑点がでるほど熟したバナナには、血液中の免疫力であるインターロイキンを増産させる効果があり、ナチュラルキラー細胞を刺激し、ヘルパーT細胞を誘導し免疫機能を高めます。
青汁のクロロフイルもその抗酸化力により免疫力をアップします。

美味しい「青汁バナナ牛乳」のレシピ

ホット青汁バナナ牛乳

夏は冷たい牛乳で作ってくださいね。豆乳でもOKです。
まずボールによく熟れたバナナをちぎって入れて、スプーンで押し潰します。ツブツブ感を残すとおいしいです。
そこに粉の青汁を入れ、温めた牛乳を少しずつ混ぜながら入れます。これが基本形です。

[青汁バナナ牛乳のアレンジ]
牛乳を入れる前に、混ぜるとおいしいものが豆腐です。
豆腐はバナナと同様にスプーンでつぶします。
濃さはお好みで、そこに温めた牛乳を混ぜていきます。
朝食代わりのボリュームになります。
他に合うものは、ハチミツ、きなこ、すりごま、プルーン、プリン、ヨーグルトなどです。

青汁バナナ牛乳ホットケーキ

ボールによく熟れたバナナを入れて潰します。
そこに粉の青汁、ホットケーキミックスを入れてよく混ぜます。
ハチミツを足して牛乳を少しずつ足して混ぜ、フライパンで焼きます。
バナナが熟れてないときは、レンジでチンするとバナナはやわらかくなり、甘味も増します。
ハチミツは混ぜずに焼いたホットケーキの上からかけても美味しいです。

「青汁バナナ牛乳」で理想的な栄養補給!


効率の良いエネルギー補給に

吸収が早くすぐエネルギー化される、ブドウ糖、果糖、ショ糖が含まれ、2時間ほどかけてゆっくり吸収されるでんぷんも含まれ、短期的なエネルギー補給にも長期的なエネルギー補給にも優れています。

ダイエット時のイライラにも緩和させる

バナナや牛乳に含まれるトリプトファン(セロトニン)や、カルシウムや、青汁のクロロフイルは、いずれもストレスを緩和し精神安定に良い効果を発揮します。

血糖値の上昇を抑える

バナナの糖質も、青汁の食物繊維のおかげで血糖値の上昇を抑えられます。
バナナや青汁に多く含まれるカリウムもインスリンの働きを助け、血糖値の上昇を抑えてくれます。

健康効果の高い「青汁バナナ牛乳」の組み合わせ、ぜひ食生活に取り入れて、ダイエット・スポーツ・生活習慣病の予防にお役立てください。