青汁が苦手な人へ

青汁は苦いという印象が強いかもしれませんが、今はとても飲みやすい物が多いです。
それでも青汁が苦手な人に、どうすれば飲みやすくなるかについて提案させていただきます。

「あ~まずい!もう一杯!」という強烈CM

悪役スターが、グラスに入った青汁を一気飲みして、「あ~まずい!もう一杯!」というCMが強烈にウケた時代がありました。
いろんなバラエティー番組でも罰ゲームに「青汁」を飲ませていましたね。
罰ゲームで飲んだ青汁を大げさに「ゲェっ」ともらすタレントのリアクションが笑いを誘い、妙な不味い青汁ブームがありました。

いまでもたまに番組で罰ゲームで用いられる青汁。
あれはわざと不味く作ってあるのです。
バラエティとしては面白くても、青汁=不味いというイメージは、今も根強く残っていますから、これはとんだ弊害ですね。

こんなにおいしくなった青汁

青汁=不味い。青汁=苦手。のイメージを払拭しようと各青汁メーカーは努力されました。
最近の青汁はどこも飲みやすくなっています。
むしろ「おいしい青汁」と標榜するメーカーさえあります。
まずは水で薄めて、少し飲んでみてください。
水で薄めると量が増えますから、ご自分のベストの薄さになるように少し飲んで水を足し、味を確かめてみられてはいかがでしょうか。
それでもダメであれば、牛乳や豆乳に混ぜてみましょう。
あれ?不味いと思っていたけれど、意外と飲みやすい!と思うはずです。

ふつうはグラス1杯100cc~180ccぐらいに青汁1パックが適量です。
青汁の原材料により青汁の味は変わります。
最近では「大麦若葉」を材料とする青汁が多いようです。
他の材料とのミックスでも大麦若葉が混ぜられていることが多いです。
麦の若葉なのでえぐみもなく、少し香ばしさもあり、水で薄めても、濃いめに作ってもとても飲みやすい青汁です。

まずは大麦若葉の青汁からチャレンジされてはいかがでしょう。
その他にもさまざまな青汁があります。
飲みやすいところから初めて、いろんな青汁にチャレンジしてみてくださいね。
たいていの青汁ならグラス1~2杯で、一日に必要な野菜の栄養素が摂れるのですから。

RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る